夫が行方不明になったときの警察への届出

夫が行方不明になったときにまず最初にすることは

夫が朝になっても帰宅せず、連絡もとれない。

しかも会社も無断欠勤をしている、といった
状況になってしまったら、、、

なにはともあれ、まずは警察に
失踪届けを出しに行くべきです。


そうすることによって、姿を消してから
現在までの間で、事故や事件に
巻き込まれているかどうかがわかります


失踪届け、正式には「行方不明者届
ですが、どこの警察署にでも出せる、
というわけではありません。

あなたと旦那さんが住む街の警察署。

ここには、当然ですが
書類を提出することができます。

また、会社での勤務中に失踪してしまったら、
会社がある住所を管轄する警察署にも、
行方不明者届を出すことができます


 

届を出すさいに警察で尋ねられること


行方不明者届を出すときに、
以下のようなことを警察からきかれます。

・届を出す人の氏名、住所、行方不明者との間柄

・行方不明者の氏名、性別、本籍地、住所、職業

・行方不明者の身長、体重、身体的特徴(ケガや手術痕、ほくろ等)

・最後に見かけた日時や失踪の原因、動機

・失踪時の服装や持ち物、所持金額、携帯の電話番号

・車や自転車で失踪の場合は、ナンバー、車体番号、色、年式

・趣味や好物、よく行く場所等

・薬物の使用歴や精神病の既往歴

・行方不明者を発見したさいの措置について届出人の意思


特に難しいことを尋ねられるわけではありません。

わかることはしっかりと警察に伝えてください。


その他に、旦那さんの写真と、
あなた(届出人)の身分証明書印鑑が必要となります。

作成した書類に押印をして提出し、
受理されれば、以上をもって届出の手続きは完了です。

そのさいに「警察受理番号」が発行されるので、
その番号は必ず控え、きちんと保管しておいてください。

あとになって必要となる場合があります。


受理された情報は、警察の人探しデータベースに登録されます。

パトロールや職務質問など、
通常の警察業務で発見されれば、
基本的にはあなたのもとに連絡が来ます。

しかし、旦那さんがあなたへの連絡を
拒んだ場合は、本人の意思が尊重されるので、連絡はされません。

その場合、警察ができることといったら、
あなたに連絡してあげるよう、旦那さんに勧めることぐらいです。